天橋立: 智恩寺

  京都府:歴史・観光・見所宮津市:歴史天橋立:観光>智恩寺

智恩寺
智恩寺
[ 付近地図: 京都府宮津市 ]・[ 天橋立:歴史・観光・見所 ]
智恩寺 智恩寺 智恩寺 智恩寺 智恩寺
智恩寺 智恩寺 智恩寺 智恩寺 智恩寺
智恩寺 智恩寺 智恩寺 智恩寺 智恩寺
智恩寺 智恩寺 智恩寺 智恩寺 智恩寺
歴史・観光・見所
智恩寺概要: 智恩寺の創建は大同3年(808)、平城天皇の勅願寺として開かれたのが始まりと伝えられています。延喜年間(901〜23)には醍醐天皇から勅額を賜り寺運も隆盛したと思われますが度重なる兵火や火災などで記録が消失し詳細が不詳となっています。永正3年(1506)に雪舟が描いた「天橋立図」(国宝)にも現在地に智恩寺の堂宇を見る事が出来、その大きさから当時から広大な境内を有してたと思われます。歴代領主からも庇護され現在の文殊堂は宮津藩主京極高国が修繕しています。又、智恩寺は「切戸文殊」として安倍文殊(奈良県桜井市)、亀岡文殊山形県高畠町)、中山文殊 (京都府京都市左京区)と共に日本三文殊の1つに数えられ数多くの参拝者を訪れています。現在の多宝塔は明応10年(1501)に丹後国守護代延永修理進春信によって寄進されたもので丹後地方を代表する古建築物の遺構として国指定重要文化財に指定されています。

智恩寺の文化財
 ・ 智恩寺多宝塔−明応10年−国指定重要文化財
 ・ 木造文殊菩薩−鎌倉時代後期−国指定重要文化財
 ・ 脇侍善財童子−鎌倉時代後期−国指定重要文化財
 ・ 優填王像−鎌倉時代後期−国指定重要文化財
 ・ 金鼓−国指定重要文化財
 ・ 鉄湯船−正応3年−国指定重要文化財
 ・ 釈迦三尊像−南北朝時代−京都府指定文化財
 ・ 地蔵菩薩像−南北朝時代−京都府指定文化財
 ・ 「萬福寺」扁額−南北朝時代−京都府指定文化財
 ・ 九世戸縁起−室町時代−京都府指定文化財
 ・ 九世戸智恩寺幹縁疏并序−室町時代−京都府指定文化財
 ・ 智恩寺山門(黄金閣)−明和4年−宮津市指定文化財
 ・ 石造地蔵菩薩立像(3躯)−永享4年−宮津市指定文化財
 ・ 石造宝篋印塔−鎌倉時代−宮津市指定文化財

住宅設計案内

 天橋立観光・旅行見所ナビ:
智恩寺元伊勢籠神社真名井神社麓神社千躯地蔵天橋立神社磯清水岩見重太郎仇討の場試し切石大砲芭蕉句碑蕪村句碑
萬籟句碑与謝野寛・晶子歌碑|天橋立:松|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「京都府歴史観光案内所」は「京都府の歴史」、「郷土資料辞典−京都府」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。