京都市右京区: 中道寺

  京都府:歴史・観光・見所京都市右京区:歴史・観光・見所>中道寺

概要・歴史・観光・見所
中道寺(京都市右京区)概要: 中道寺の創建は不詳ですが、伝承によると中道寺天平勝宝3年(751)開かれたのが始まりと伝えられています。孝謙天皇の勅願によって八幡宮の神宮寺となり寛文12年(1672)に中道寺に寺号を改称し大覚寺の直末となりました。明治時代初頭に発令された神仏分離令により八幡宮の仏式が廃され、木造阿弥陀如来坐像と木造薬師如来坐像 、木造十一面観音坐像が中道寺に移されたそうです。寺宝が多く、平安時代に製作された木造増長天立像が国指定重要文化財に指定されている他、鎌倉時代中期に製作された木造阿弥陀如来坐像(榧、一木造、素木造)と木造薬師如来坐像(榧、一木造、素木造) 、木造十一面観音坐像(榧、一木造、素木造)が京都市指定文化財にそれぞれ指定されています。

中道寺:写真

中道寺
[ 付近地図: 京都府右京区 ]・[ 京都市右京区:歴史・観光 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「京都府:歴史・観光・見所」は「京都府の歴史」、「郷土資料辞典−京都府」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。