天橋立: 芭蕉句碑

  京都府:歴史・観光・見所天橋立:歴史・観光・見所>芭蕉句碑

概要・歴史・観光・見所
芭蕉句碑(天橋立)概要: 明和4年(1767)、智恩寺境内に建立されたもので、明治時代に入り現在地に移されました。松尾芭蕉が天橋立を訪れ記録はありませんが宮津の俳諧関係者が建立したと思われます。「 一声の江に 横たふや ほととぎす 」の句は元禄6年(1693)に墨田川の風情を詠んだものとされますが宮津の人達は天橋立とだぶらせたようです。

芭蕉句碑:写真

芭蕉句碑
[ 付近地図: 京都府宮津市 ]・[ 宮津市:歴史・観光・見所 ]

スポンサーサイト

天橋立:周辺・見所
智恩寺 元伊勢籠神社
真名井神社 麓神社
千躯地蔵 天橋立神社
磯清水 岩見重太郎仇討の場
試し切石 大砲
芭蕉句碑 蕪村句碑
萬籟句碑 与謝野寛・晶子歌碑


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「京都府:歴史・観光・見所」は「京都府の歴史」、「郷土資料辞典−京都府」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。