福知山市: 観音寺

  京都府:歴史・観光・見所福知山市:歴史・観光・見所>観音寺

概要・歴史・観光・見所
観音寺(福知山市)概要: 観音寺の創建は和銅7年(714)、行基菩薩が自ら十一面観世音菩薩像を彫り込み安置したのが始まりと伝えられています。その後一時衰退しましたが貞永2年(1233)蓮乗上人が中興開山すると寺運が隆盛し最盛期には11坊を擁する大寺となりました。歴代領主からも庇護され江戸時代には歴代田辺藩主が代参し寺領を安堵しています。昭和42年に残った観音寺、金剛院、明王院、安養院が一山合併し現在の観音寺となっています。仁王門に安置されている木造金剛力士像は貞永2年(1233)に製作されたもので像高阿形像293.0cm、吽形象296.0cm、当地方を代表する鎌倉時代の大型の木像で福知山市指定文化財に指定されています。

法鷲寺:写真

観音寺
[ 付近地図: 京都府福知山市 ]・[ 福知山市:歴史・観光・見所 ]
観音寺 観音寺 観音寺 観音寺
観音寺 観音寺 観音寺 観音寺
観音寺 観音寺 観音寺 観音寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「京都府:歴史・観光・見所」は「京都府の歴史」、「郷土資料辞典−京都府」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。