福知山市: 明覚寺

  京都府:歴史・観光・見所福知山市:歴史・観光・見所>明覚寺

概要・歴史・観光・見所
明覚寺(福知山市)概要: 明覚寺の創建は安土桃山時代の天正12年(1584)、釈西願が天田郡六人部村長田に開山したのが始まりと伝えられています。江戸時代初期に福知山城が築かれ城下町が整備されるとそれに伴い町の外縁に配置されました。明治29年(1896)の大洪水により多くの被害を受けましたが明治31年(1898)に再建されました。山門は福知山城の城門を移築したもので、案内板によると「 やや細い部材で造られた軽快な高麗門です。旧城門の1つと伝えられ、数少ない旧福知山城の遺構です。近年修理が施されましたが、形式はほとんど当初のものです。もとは東側に脇戸が付いていたと考えられます。 福知山市教育委員会 」とあります。本尊:阿弥陀如来。宗派:浄土真宗本願寺派。

明覚寺:写真

明覚寺
[ 付近地図: 京都府福知山市 ]・[ 福知山市:歴史・観光・見所 ]
明覚寺 明覚寺 明覚寺 明覚寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「京都府:歴史・観光・見所」は「京都府の歴史」、「郷土資料辞典−京都府」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。