綾部市: 伊也神社

  京都府:歴史・観光・見所綾部市:歴史・観光・見所>伊也神社

概要・歴史・観光・見所
伊也神社(綾部市)概要: 伊也神社の創建は崇神天皇10年(紀元前88年)、丹波道主王がこの地を開発し、その死後甲ケ峯麓にあった宮殿の跡地に丹波道主王の分霊を勧請したのが始まりと伝えられています。延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に記載された丹波国何鹿郡の十二座の内の一社として崇敬されていましたが次第に衰退し天正8年(1580)の火災により社殿が焼失します。江戸時代に入ると伊也を稲荷に置き換えられ山家藩から軽視されていましたが文化7年(1810)清原宣光が再興し現在地に遷座しました。明治3年に山家陣屋の火災に類焼し焼失しましたが明治4年に再建、明治6年に清原宣光が祈願文に由緒が書かれていた為、改めて式内社伊也神社とされました。

伊也神社:写真

伊也神社
[ 付近地図: 京都府綾部市 ]・[ 綾部市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「京都府:歴史・観光・見所」は「京都府の歴史」、「郷土資料辞典−京都府」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。