綾部市: 高倉神社

  京都府:歴史・観光・見所綾部市:歴史・観光・見所>高倉神社

概要・歴史・観光・見所
高倉神社(綾部市)概要: 高倉神社の創建は養和元年(1181)、高倉神社高倉神社後白河天皇第二皇子高倉宮以仁王の御霊を勧請したのが始まりと伝えられています。高倉宮は治承の乱を指導しましたが平清盛に破れ源頼政の領地である丹波に逃れ治承4年(1180)に吉美郷(現在の里町)で死去しました。その後、世直しの神、高倉天一大明神として信仰され社運も隆盛しましたが元文年間(1736〜1740年)、火災により社殿、社宝、記録などが焼失、延享3年(1746)に社殿が再建されました。現在の拝殿はその当時の本殿を改築したもので棟梁が室田庄右衛門家久、彫刻が長谷川如泉が手懸けています。高倉神社拝殿は江戸時代中期に建てられた神社本殿建築の遺構として貴重なことから京都府登録有形文化財に登録されています。又、境内全域が京都府環境保全地区、例祭に奉納されるヒヤソ踊は綾部市指定無形民俗文化財 にそれぞれ指定されています。

高倉神社:写真

高倉神社
[ 付近地図: 京都府綾部市 ]・[ 綾部市:歴史・観光・見所 ]
高倉神社 高倉神社 高倉神社 高倉神社
高倉神社 高倉神社 高倉神社 高倉神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「京都府:歴史・観光・見所」は「京都府の歴史」、「郷土資料辞典−京都府」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。