綾部市: 照福寺

  京都府:歴史・観光・見所綾部市:歴史・観光・見所>照福寺

概要・歴史・観光・見所
照福寺(綾部市)概要: 照福寺の創建は室町時代の文安2年(1445)、山家城主和久氏の菩提寺として万山全重を招いて開かれたのが始まりと伝えられています。当初は和久氏の居城甲ヶ峰城の出郭にありましたが戦国時代明智光秀が発令した城破却命に従わなかった為、討伐を受け和久氏は断絶、照福寺は東山町に移りました。江戸時代初期の寛文2年(1662)、山家藩主谷衛廣が庇護し現在地に寺領を与えた事で境内を移しています。照福寺庭園は天保14年(1843)に作庭されたもので年代が明確で江戸時代後期の枯山水庭園の遺構として大変貴重なことから昭和45年(1970)に国指定名勝に指定されています。

照福寺:写真

照福寺
[ 付近地図: 京都府綾部市 ]・[ 綾部市:歴史・観光・見所 ]
照福寺 照福寺 照福寺 照福寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「京都府:歴史・観光・見所」は「京都府の歴史」、「郷土資料辞典−京都府」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。