宮津市: 大頂寺

  京都府:歴史・観光・見所宮津市:歴史・観光・見所>大頂寺

概要・歴史・観光・見所
大頂寺(宮津市)概要: 大頂寺の創建は慶長11年(1606)、大頂寺初代宮津藩主京極高知が歴代京極家の菩提寺として建立したのが始まりと伝えられています。当初は犬の堂山頂付近にあり香華院と称していましたが、2代藩主京極高廣が寛永年間(1624〜1645年)に現在地に移し、正室の養父である2代将軍徳川秀忠と、家光の供養の為、宝筐印塔を建立し歴代徳川将軍家の位牌を祀る御霊屋を設けています。宝暦9年(1759)、大頂寺新たに藩主となった本庄資昌は徳川家と姻戚関係(本庄家出身の桂昌院は3代家光の側室で5代綱吉公の生母)にあったことから徳川家縁の品々が伝えられ、新たに建立された御霊屋(案内板によると:外部構造形式は切妻造正面下屋出、間口1間(4.9メートル)奥行4間(10.9メートル)である。内部は外陣・内陣・内々陣に分かれ、各室の天井は格天井、床は板敷とし、欄間・桟唐戸・虹梁・木鼻等には細密優美な彫刻を施し、各室建具類に至るまで黒漆喰又は金箔漆で仕上げられ荘重である。調度もよく保存されている。 宮津市教育委員会)は宮津市指定文化財に指定されています。

大頂寺:写真

大頂寺
[ 付近地図: 京都府宮津市 ]・[ 宮津市:歴史・観光・見所 ]
大頂寺 大頂寺 大頂寺 大頂寺
大頂寺 大頂寺 大頂寺 大頂寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「京都府:歴史・観光・見所」は「京都府の歴史」、「郷土資料辞典−京都府」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。