宮津市: 大村邸跡

  京都府:歴史・観光・見所宮津市:歴史・観光・見所>大村邸跡

概要・歴史・観光・見所
大村邸跡(宮津市)概要: 元々は宮津藩の藩医小谷仙庵の居宅でしたが明治20年(1887)以降に旧藩士の大村家の所有となりました。居宅部は近年まで維持されていましたが、火災により焼失し、現在は長屋門のみが残されています。現在は宮津市の所有となり公園として整備されています。

大村邸跡:写真

大村邸跡
[ 付近地図: 京都府宮津市 ]・[ 宮津市:歴史・観光・見所 ]
大村邸跡 大村邸跡 大村邸跡 大村邸跡


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「京都府:歴史・観光・見所」は「京都府の歴史」、「郷土資料辞典−京都府」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。