宮津市: 智源寺

  京都府:歴史・観光・見所宮津市:歴史・観光・見所>智源寺

概要・歴史・観光・見所
智源寺(宮津市)概要: 智源寺の創建は寛永2年(1625)、初代宮津藩主京極高広が母親の菩提を弔う為、心庵盛悦善師を招いて開山したのが始まりとされます。法名の惣寺院殿松渓智源大禅定尼から寺号を智源寺とし藩主京極家縁の寺院として寺運が隆盛し、領内曹洞宗の僧録同として末寺67ヵ寺を擁しました。京極家が移封後も歴代宮津藩から庇護され文化8年(1811)には当時の藩主本庄宗発より聖観音菩薩立像が奉納されています。現在の本堂は寛政9年(1797)の火災後の文化元年(1804)に再建されたもので、天井画は円山応挙十哲の1人が描いた花鳥図の傑作とされています。

・ 智源寺僧録状等文書(13通)−江戸時代−宮津市指定文化財
・ 紙本著色花卉図(20筆)−江戸時代−宮津市指定文化財

智源寺:写真

智源寺
[ 付近地図: 京都府宮津市 ]・[ 宮津市:歴史・観光・見所 ]
智源寺 智源寺 智源寺 智源寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「京都府:歴史・観光・見所」は「京都府の歴史」、「郷土資料辞典−京都府」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。