舞鶴市: 見樹寺

  京都府:歴史・観光・見所舞鶴市:歴史・観光・見所>見樹寺

概要・歴史・観光・見所
見樹寺(舞鶴市)概要: 見樹寺の創建は田辺藩の藩祖見樹寺京極高知の菩提寺として開かれたのが始まりと伝えられています。藩主の菩提寺として庇護され寺運が隆盛しましたが寛文8年(1668)、3代高盛が豊岡藩に移封になると庇護者を失い一時衰退します。新たに牧野氏が藩主になると牧野家の菩提寺として再興され瑞泰寺から見樹寺に改称、寺領100石が安堵され座主は牧野家から輩出することになります。境内は元々愛宕山北支城として築かれたもので、高い石垣が築かれ、全面には堀が配されていて江戸時代には宮津街道の要衝として宮津口番所が設置されました。

見樹寺:写真

見樹寺
[ 付近地図: 京都府舞鶴市 ]・[ 舞鶴市:歴史・観光・見所 ]
見樹寺 見樹寺 見樹寺 見樹寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「京都府:歴史・観光・見所」は「京都府の歴史」、「郷土資料辞典−京都府」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。