京丹後市: 丹後震災記念館

  京都府:歴史・観光・見所京丹後市:歴史・観光・見所>丹後震災記念館

概要・歴史・観光・見所
丹後震災記念館(京丹後市)概要: 案内板によると「 丹後震災記念館は、昭和2年3月7日丹後地方に甚大な被害をもたらした丹後大震災(北丹後地震)の記憶を後世に伝えるため昭和4年12月に建設された鉄筋コンクリート造、地上1階、地下2階の建物です。設計は京都府庁の旧本館にも携わった京都府技師一井九平(いちいくへい)氏で、昭和初期に見られた洋風建築の要素を取り入れ日本建築学会が選ぶ「近代日本の名建築」にも選ばれているなど、昭和初期の鉄筋コンクリート造の建物としても評価が高く平成17年3月10日京都府指定文化財となっています。」とあります。縦長の開口部や軒下の蛇腹風意匠、玄関ポーチのアーチ、2階開口部上部のアーチ、腰壁の仕上げなど当時の洋風建築の要素が見られます。

丹後震災記念館:写真

丹後震災記念館
[ 付近地図: 京都府京丹後市 ]・[ 京丹後市:歴史・観光・見所 ]
丹後震災記念館 丹後震災記念館 丹後震災記念館 丹後震災記念館


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「京都府:歴史・観光・見所」は「京都府の歴史」、「郷土資料辞典−京都府」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。