京丹後市: 静神社

  京都府:歴史・観光・見所京丹後市:歴史・観光・見所>静神社

概要・歴史・観光・見所
静神社(京丹後市)概要: 静神社の創建は不詳ですが、源義経の愛妾とされる静御前が祀られている神社です。伝承によると静御前は隣接する集落である磯で生まれ、父親に先だたれた為、京都に上り白拍子として名を馳せました。義経の愛妻となりましたが、義経は源頼朝と不仲になり平泉(岩手県平泉町)に下向することになり、離れ離れになりました。静御前は故郷である磯に戻り草庵を設けると晩年を暮らしたそうです。神社には義経の手紙や御前縁の品々が伝えられていましたが天明2年の火災により焼失しています。周囲には静御前誕生の地や義経を見送った「泣き別れ岩」、静の父親である磯惣太から弁当を受け取ったという「弁当岩」、平氏追討の為、軍船を着けて兵を乗り込ませた「御付浜」などの縁の地が残っています。

静神社:写真

静神社
[ 付近地図: 京都府京丹後市 ]・[ 京丹後市:歴史・観光・見所 ]
静神社 静神社 静神社 静神社
静神社 静神社 静神社 静神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「京都府:歴史・観光・見所」は「京都府の歴史」、「郷土資料辞典−京都府」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。