亀岡市: 光忠寺

  京都府:歴史・観光・見所亀岡市:歴史・観光・見所>光忠寺

概要・歴史・観光・見所
光忠寺(亀岡市)概要: 光忠寺の創建は長享元年(1487)、形原松平家2代貞副が宗家3代信光の子供で形原松平家の初代となった與副の菩提を弔う為、秀誉上人を招いて開いたのが始まりとされます。寺号は與副の戒名「玉峯院殿前佐州信譽雙元光忠大居士」から光忠寺とされ、以来形原松平家の菩提寺として庇護されました。当初は領地だった三河国形原郷(現在の愛知県蒲郡市)にありましたが、領地変えの毎に随行し寛永2年(1749)に松平信岑が篠山藩から亀山藩に移封になった際、現在地に移りました。境内には6代家信から20代信美までの墓碑が建立されています(初代から5代までの墓碑は愛知県蒲郡市にある光忠寺)。

光忠寺:写真

光忠寺
[ 付近地図: 京都府亀岡市 ]・[ 亀岡市:歴史・観光・見所 ]
光忠寺 光忠寺 光忠寺 光忠寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「京都府:歴史・観光・見所」は「京都府の歴史」、「郷土資料辞典−京都府」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。